痛風の前触れとは|前兆を知る事で発作を未然に防ぐ対策

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風の前触れ

痛風の発作を経験している方。

もう二度とあの激痛は体験したくないですよね。

そして痛風発作を経験した事がない人も、その未知の痛さを警戒している人も多いはずです。

今回はそんな痛風発作を未然に防ぐ対策として、私の経験も交え痛風の前触れと痛みの前兆について検証していきたいと思います。

痛風発作の前触れ


初めての痛風発作は何の前触れや前兆もなく、突然発症するケースが多いと言われています。

しかし痛風発作の経験者(2回目以降の発作)の方は、前触れや前兆を感じる方も多くいると言われています。

その症状を「前兆症状」と言い、その症状は発作の経験がある人ほど感じやすくなる傾向があるようです。

そして痛風発作の前触れや前兆としては、下記のような症状があると言われています。

  • ピリピリ感
  • 違和感
  • 鈍い痛み
  • うずき
  • しびれ
  • むくみ
  • だるさ

私の前兆症状


因みに私の経験では、初めて痛風発作を体験した時から「前兆症状」がありました。

初めての痛風発作の時は、痛風という病気に気づかずに結果として放置してしまった訳ですが、あの痛みの前兆は今でもはっきりと覚えています。

私の場合は、足首の違和感とピリピリ感でした。

その後も数回痛風発作を経験していますが、その「前兆症状」は毎回あるので、すぐに前触れと認識できています。

痛風体験談


前触れと対策

では痛風発作の前触れや前兆症状が現れた場合、どう対策や対応をしていけば良いのでしょうか。

実は前兆症状が現れた場合、投薬による方法や、控えた方が良い物、してはいけない事など、対策や対応方法が様々存在するようです。

そこで下記に「前兆症状」が現れた際の、対策と対応方法についてまとめてみました。

コルヒチン


医師から処方される薬の中に「コルヒチン」という薬があります。

この「コルヒチン」が前兆症状が現れた時に、対策として有効と言われているようです。

「コルヒチン」には、炎症反応を抑え症状を和らげてくれる働きがあるとされています。

ただ「コルヒチン」は、「前兆症状」の時しか効果がないようです。

なので痛風発作を発症してから飲んでもダメという事ですね。

「コルヒチン」は医師から診察を受け、処方してもらう必要があります。

市販されている薬ではないという事ですね。

また「コルヒチン」には副作用もあるので、服用する際は医師から言われる注意事項を守るようにしましょう。

なんにしても痛風発作前に前兆症状がある場合は、医師に相談し対策方法を考えるようにしましょう。

アルコール


痛風にアルコールは大敵です。

アルコールは血中の尿酸値を上げる原因になります。

痛風患者や高尿酸血症の方は、普段からアルコールを控えておく必要がありますが、前兆を感じたなら、なおさらアルコールの摂取は控えた方が無難です。

痛風とアルコールの関係

運動


痛風には有酸素運動は適していますが、激しい運動は良くないとされています。

前兆がある場合は、特に激しい運動はなるべくさけた方が無難です。

発作を未然に


これまで説明してきたように、初めて痛風の発作の場合は、前兆症状がないケースもあります。

しかし私のように前兆症状を感じる方も多くいると思います。

私自身もそうでしたが、とにかく何かおかしいと思ったらすぐに病院へ行く事をお勧めします。

もしかしたら「コルヒチン」の服用などで、痛風の発作を未然に防ぐことが出来るかもしれません。

しかし一番大切な事は普段の生活での予防です。

プリン体の少ない食事、尿をアルカリ化にする食事、肥満解消、適度な有酸素運動、またアルコールの多量摂取をしないなど普段の生活に気をつけましょう。

痛風の激痛を二度と経験しない為に、普段からの予防が大切です。

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント