痛風の症状は何科を受診すれば良いの|病院選びと診療科目

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風の診療科は何科

足の親指や、関節の激痛を伴う症状が発生した場合、痛風を疑う人も多いと思います。

痛風と思われる症状になった場合、診療科何科受診すれば良いのでしょうか。

私自身も病院選びと受診科を間違え、適切な治療を受けるまでに遠回りした苦い経験があります。

今回はそんな経験を元に、痛風を疑った時に受診するべき診療科はどこかについて、ご紹介していきたいと思います。

私の痛風体験談はこちらから
痛風体験談

病院と診療科選びの重要性


まず、病院や診療科目の選び方は非常に重要です。

上記でも触れましたが、私は痛風経験者です。

私は当初、関節の痛さから整骨院や整形外科を受診してしまいました。

最初の病院と診療科選びを間違え、痛風と診断してもらえず病院を転々としてしまったのです。

その結果痛風の治療を開始するのが遅れてしまったので、病院選びや診療科目の重要性は非常に高いと感じています。

何科を受診すれば良いの


では痛風と思われる症状になった場合、また痛風を疑う症状が発症した場合は、何科を受診すれば良いのでしょうか。

それが「内科」、「整形外科」、「痛風外来」になってくると思います。

それではそれぞれ詳しく説明していきたいと思います。

痛風の症状についてはこちらから
痛風の症状

内科の受診

痛風は関節の痛みや、腫れがあるのでどうしても先に整形外科を考えてしまいますね。

私の場合も最初は整骨院や整形外科を受診しました。

整骨院は問題外でしたが、整形外科ではそれなりの処置はしてもらえました。

しかし痛風の診断には至らず、痛み止めやシップなど痛みを抑えるような処置で終わりました。

整形外科はほとんどの場合、痛みを抑えるような処置になってしまう事が多いようです。

ただこれも一概には言えません。

私の症状の説明がうまくなかったとか、たまたまその病院が痛風と診断しなかっただけの可能性もあります。

すべての整形外科が痛風に対応していないとは言い切れません。

その証拠に、後から近所の整形外科の診療科目を確認した所、診療内容に「痛風」との記載がある病院もありました。

痛風を診察してくれる整形外科もあるようです。

また、痛風と見極め処置や治療する病院や、内科を勧めてくれる整形外科もあると思います。

しかしやはり痛風の場合は、内科で診察する場合が多いようですね。

この辺は、病院に問い合わせして確認するのがベストだと思います。

そして、関節の痛み=痛風とは限らず他に原因がある場合も推測されますので、改善されない場合は、内科と整形外科どちらも受診してみるのも手だと思います。

なぜ内科


ではなぜ関節の痛みがあるのに、整形外科ではなく内科なのでしょうか。

痛風は尿酸値が高い事が原因で、関節に尿酸の結晶が付着し、その結果関節炎を引き起こしてしまう病気です。

なので根本的な事は関節の炎症ではなく、尿酸値の管理などになってきますので、痛風は内科の方が良いと一般的に言われています。

痛風外来の存在

痛風外来といわれる病院をご存じですか。

実は痛風を専門とした医者がいる痛風外来といわれる病院があります。

普通の内科でも痛風の治療は受けれますが、痛風外来を受診する事で、より専門的な治療を受ける事ができるようです。

また痛風外来では、尿酸が高くなる原因をつきとめ、その人にあった治療を行える所もあるようです。

なのでもし近所に痛風外来があるのであれば、そういった病院を選ぶ事も、良い病院を選ぶための選択肢の一つではないかと思います。

【関連記事】
痛風は遺伝するのか
痛風の合併症

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント