痛風の病院選び体験談!その重要性と誤診の危険性

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風の病院選び

痛風の病院選び

前回から続き痛風体験談のお話しです。

前回記事はこちらから
初期症状と激痛体験談

今回は痛風と診断されるまでの病院選びについてです。

まず前回救急で行った病院では足首の激痛は原因不明との事でした。

その時少し疑問に思い、救急病院の先生に「これはもしかして痛風ではないですか?」と質問しました。

しかしそこの先生の回答は、痛風は足の親指が痛くなる病気であり、足首が痛い原因は他にあるのではとの事。

今考えるとそれは誤診では?と思ってしまいますね。

まぁ救急だったので専門の先生ではなかったのかもしれませんが・・・。

とりあえず痛み止めで明日までまって、近所の病院へ行ってくれとの事でした。

病院選び


翌日。

確か処方してもらった痛み止めは「ロキソニン」だったと思います。

そのもらった痛み止めがほとんど効きません。

痛みをこらえながら、外科の診療を勧められたので近所の整形外科へいきました。

今考えるとこの時点で、病院選びが間違っていたのですが・・・。

しかしその時は、痛すぎてほとんど歩くのがやっとの状態なのでそれどころではありません。

病院へたどり着く事しか考えていませんでした。

恐らく病院まで数時間かかったと思います。

しかし病院へたどり着き、診察を受けるも整形外科では原因不明。

足首の炎症がひどいので、痛み止めやシップを処方され、治るのを待つことにしました。

ここで誤診されているのに気づいておけば・・・。


誤診と再発

誤診と再発

そうこうしているうちに痛みはウソのように消えてしまいました。

足首の腫れもありません。

一体なんだったのか?と思いしばらくはあの激痛におびえながら生活をしていました。

激痛再発


その日は突然やってきました。

半年後またあの原因不明の激痛に襲われました。

足首が痛い!痛い!とにかく痛い!

まぁ今考えれば無理もない事で再発して当然です。

なんせ痛風の投薬治療も食事改善もしていないので、根本的な治療をしていないのですから。

しかし当時は痛風ではないと思っていましたし、事実病院では痛風の診断はされていないので、途方にくれました。

そこで今度は、整形外科ではダメだ(前回改善策が見つからなかった)と思い、何を思ったかか整骨院へ行く事にしました。

東洋医学にすがる事にしたんです。

整骨院での激痛


整骨院に行くとやはり炎症がひどい為、とりあえず冷やす事に。

その治療が氷水に足をいれれ数分つけるという治療方法でした。

しかし氷水です。

足を入れた瞬間冷たさで、違う意味の激痛が!

数分も我慢できません。

しかしその治療方法で、確かに冷たさで足首がマヒし、痛みは和らぎました。

あたりまえですが、またすぐに足はいたみだすんですけどね。

そんな感じでやはり整骨院での治療はなんの意味もなく終了します。

そしてまた痛みは時間とともに消えていくのです。


自分にあった病院がみつかる

自分にあった病院

また約半年ぐらいたって、3回目の痛風発作発生。

当時仕事が忙しかった事もあり、痛さが治ったら激痛の原因追及は後回しにしていました。

今回の発作でもうさすがに、なんでも良いので原因が知りたいと考えます。

根本的な痛みの原因を解決しなくては、どうにもなりません。

整形外科にいっても原因不明といわれるので、自分でインターネットを使って激痛の原因を調べまくりました。

調べた結果は、やはり症状的に痛風?

だったら内科かな?

でも最初に行った病院では、痛風は足の親指に付け根といわれたし・・・。

しかし選択肢は他にないので、ダメ元で内科へ。


その内科での診断結果はあっさり「痛風です」の回答。

念の為、血液検査で尿酸の値をみましょうとの事でした。

やっぱり痛風だったのか!

これですっきりしました。

しかしここでまた問題が。

痛風発作時は基本的になにもできないので、痛み止めを使い発作が治まるのを待つしかないとの事。

そこから数日また痛みとの戦いがはじまりました。

そして痛みがおさまってから、投薬治療と食事療法へと移りました。

因みに後日の検査結果では、尿酸値が8.0mg/dL以上だったと記憶しています。

基準が7.0mg/dL以内なので、やはり基準値オーバーですね。

ここで学んだ事は、

  • 病院の先生の話を鵜のみにしない(特に初めて行く病院)

  • 様子がおかしければ病院を変え検査する

  • 忙しいからといって検査を後回しにしない

です。

自分にあった病院を探すのって意外と大変なものなんですね。

食事療法と投薬治療へ続く

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

関連ページ

初期症状と激痛体験談
これまでの痛風の体験記録です。 痛風体験を元に、初期症状から激痛に至るまでを解説。
食事療法と投薬治療
痛風発症後の食事療法と投薬治療についの闘病生活体験談です。
痛風発作後の生活
痛風発作後の食事や生活の見直し体験談
痛風発作の再発体験談
食事療法と投薬治療を行ったにも関わらず痛風発作の発生した原因とは
コルヒチンと発作のない日々
コルヒチン、投薬治療、食事療法で痛風発作のない日々に
甘えで痛風が再発
私生活の甘えでやってしまった体験談。痛風再発から学ぶ教訓です。
サプリメントと食事
治療開始から数年で得た安定した食生活
長続きする痛風対策
私の体験から長続きする痛風対策をご紹介します。
痛風発作が足首と膝に
数か所の部位で痛風発作を発症してしまいました。そんな初めての同時に多発した発作の体験談です。数年ぶりに起きた痛風は足首と膝の両方に発症?今回は数年ぶりに発症した痛風体験談です。

トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント