ストレスと痛風の関係!ストレスで尿酸値が高くなる原因は?

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

ストレスと痛風の関係

ストレス

痛風になる原因と言えば、食生活や生活習慣の乱れ、肥満やアルコール過剰摂取などを原因として考えてしまいます。

しかし近年の研究で、ストレスと尿酸値に深い関係性がある事が分かってきているようです。

私自身の経験からも、確かに仕事が忙しい時期や、出張中などの仕事を休めない時期に限って、痛風の発作を経験しています。

それは単なる偶然ではなかったようです。

ではなぜ人は強いストレスを感じると、痛風になりやすくなるのでしょうか。

ストレスで尿酸値が上がる原因


痛風は尿酸値の上昇により引き起こされる病気です。

なので尿酸値の管理は、痛風発作を抑えるうえでは欠かせないものです。

その尿酸値が、ストレスの多い人程高くなりやすい傾向があるようです。

その原因が、ストレスと腎臓との関係にあるとの事です。

ストレスを多く感じると、ホルモンの分泌が悪くなり、腎臓から尿酸が排出されにくくなる事があるようです。

その為結果としてストレスを多く感じると、体内に尿酸がたまりやすい状況になってしまうという事のようですね。

もちろん体質や遺伝などで、腎臓から尿酸が排出されにくい人もいると思いますが、近年の研究でストレスと尿酸値に深い関係性がある事が分かってきているという事実から考えると、私の経験も偶然ではなかったと感じています。

ストレスによる暴飲暴食

ストレスでの暴飲暴食

ストレスによる痛風や、尿酸値の上昇は、暴飲暴食なども原因の一つと考えられているようです。

プリン体の高い食事や、尿をアルカリ化にする食品、またアルコールの多量摂取は、尿酸値の上昇や痛風発作の原因になります。

普段は食事やアルコールを制限できていたとしても、人は大きなストレスをうけた時に、暴飲暴食でストレスを解消する人もいるかと思います。

もちろん食べたり飲んだりする事以外で、ストレス解消方法がある人は良いですが、食べたり飲むことがストレス解消になると言う人は、少し気を付けた方が良いかもしれません。

ストレスの悪循環


結論として人はストレスを感じるほど、体内は尿酸を排出しにくく、痛風になりやすい状況になっているようです。

そしてストレスにより、尿酸値が上がりやすい状況になっている体内で、ストレスによる暴飲暴食を繰り返すと、さらに尿酸値を上昇しやすい状況になってしまいます。

まさにストレスによる悪循環です。

しかし現代の社会でストレスはつきものです。

ストレスを全く感じずに生きていく事は困難に近いでしょう。

適度にストレスを解消し、うまくストレスと付き合う事が大事だと思います。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント