尿酸値を下げる水分量と水の種類|必要な一日の尿量は

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

尿酸値を下げる水分量

痛風対策や改善の為、また尿酸値を下げる為に、水分を多くとる事はとても効果的と言われています。

では一日に摂取する水分量はどのぐらいが良いのでしょうか。

また痛風に一番適した水分の種類とは何なのでしょうか。

今回は痛風に適した水分の種類と水分量についてご紹介します。

必要な水分


痛風患者の場合、2リットルの尿量が適切と言われています。

これは体内にある尿酸を適切に排出する為の量との事です。

尿酸を多く排出すれば、それだけ尿酸を体にため込まずに、結果尿酸値を下げる事ができます。

ただ2リットルの尿量を確保する為には、2リットルの水分を摂取しなくてはなりません。

その為、痛風患者の場合は一日に2リットルの水分補給をする事が良いとされています。

適した水の種類

ではどんなものを水分として摂取するのが良いのでしょうか。

一番尿酸値を下げるのに適しているのが水と言われています。

その中でもアルカリイオン水やバナジウム天然水が効果的と言われています。

しかし水の種類までは管理するのは難しいと思いますので、一日に2リットルの水を摂取し、2リットルの尿量を確保するという事に重点をおき心がけた方が良いと思います。

適していない水分


水は尿酸値を下げるのに効果的といわれていますが、摂取する水分として好ましくないものもあります。

それがアルコールやジュース類です。

これれは同じ水分でも、痛風には好ましくないと言われています。

ではそれぞれ詳しく説明していきたいと思います。

アルコール

まず前提としてアルコールはNGです。

アルコールは水分も多めに摂取でき、尿量が増えている感じがしますが、利尿作用により体に必要な水分まで排出してしまいます。

またアルコール自体も尿酸値が上昇する原因となりますので、アルコールの摂取は控えましょう。

痛風とアルコールの関係の詳細についてはこちらから
痛風とアルコールの関係

ジュース

清涼飲料水など一般的にジュースと言われるものはどうなのでしょうか。

実は清涼飲料水も水分ではあるのですが、糖が含まれている為あまり適切ではありません。

糖分や果汁に含まれる果糖が尿酸値を上昇させる原因となったり、肥満の原因となる場合もあります。

肥満も痛風のリスクを上げる原因となる場合があるので、結果として清涼飲料水やジュースの大量摂取は適切ではないと言われています。

ただ適量であれば、野菜ジュースなどは健康的な面で考えれば、十分メリットはあると思います。

最近では尿酸値対策のサプリメントで使用されている、アンセリン配合のジュースなんかも販売されていますね。

アンセリン配合のジュースについてはこちらで詳しく説明しています。
アンセリン配合の野菜ジュース

尿量を増やす


とにかく重要な事は、水分を出来る限り「水」で摂取し尿量を増やすという事です。

そうする事で尿酸値を下げる効果が期待できると言われています。

ただいっきに2リットルの水を飲む事に抵抗がある人もいると思いますし、水だけ2リットル飲むのは意外と大変です。

例えばマイボトルなどに水を入れて持ち歩き、定期的に水を意識して摂取するのも良いかもしれません。

そうする事で意外と簡単に一日に2リットルの水を摂取できたりします。

一日に500のペットボトル4本分です。

絶対無理な量ではないと思います。

もし痛風患者ではなく、尿酸値が高めと言う人も、予防の為に実践してみても良いかもしれません。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント