市販薬は痛風に効果がある?ロキソニンは使える痛み止め?

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

市販薬と痛風

もし痛風発作を起こした場合、どんな薬を飲めば良いのでしょうか。

 

本来なら医師が処方した薬を飲むのが一番です。

 

それはその人の症状にあった薬が処方されているからです。

 

しかし休日や深夜、またその他の原因でどうしても病院へ行けない場合もあると思います。

 

そんな時に使えるのが市販薬です。

 

そこで今回は知っておくと便利な、市販薬で痛風の症状を和らげる方法をご紹介します。

 

痛風の診療科についてはこちらから
痛風の診療科は何科

 

痛み止め

 

痛風発作を引き起こした場合、その痛みから少しでも解放される為、痛みを和らげたいと考えると思います。

 

そこで応急処置として痛みに有効になってくるのが、市販薬で販売されている痛み止めです。

 

しかし痛み止めや鎮痛薬はその種類も多く、その中には痛風に適さないものもあると言われています。

 

ロキソニン

ロキソニンは一般的に、痛風発作の痛み止めとして使用される薬の一つです。

 

なのでロキソニンは痛風に適した薬の一つという事になりますね。

 

ロキソニンは市販薬として薬局でも販売されています。

 

また、ロキソニンは多くの病院でも使用されています。

 

因みに私が痛風発作時に病院の医師から処方された痛み止めもロキソニンでした。

 

ただロキソニンは第1類医薬品に分類されており、薬剤師のいる薬局でしか購入できない市販薬です。

 

そして市販薬として販売されているロキソニンには、下記のような種類があります。

 

  • ロキソニンS
  • ロキソニンSプラス
  • ロキソニンSプレミアム

 

それぞれ価格や作用・副作用が異なりますので、よく薬剤師と相談の上購入する事をお勧めします。

 

もしも近所にロキソニンが売っていない場合などは、イブA錠などの市販薬も、痛風の痛み止めとして効果があると言われています。

 

副作用

 

ロキソニンやイブA錠などの市販薬にも当然副作用があります。

 

主に胃腸障害の副作用があると言われています。

 

また発疹、かゆみ、むくみ、腸閉塞など他にも副作用があるようなので、上記の市販薬を購入する場合は、薬剤師と相談の上購入し、注意事項や用量を守って使用しましょう。

 

痛風に使用できない痛み止め

痛み止めの中には、痛風の症状を悪化される恐れがある薬も存在します。

 

それがアスピリン(アセチルサリチル酸)を主成分とした鎮痛剤です。

 

アスピリンには尿酸値を変動させる恐れがあると言われています。

 

なので痛風発作中にその鎮痛剤を使用すると、症状が悪化する場合があるようです。

 

なので痛風発作時に、アスピリンを使用した市販薬の痛み止めを使うのはやめましょう。

 

因みにスピリン成分が入っている市販薬は下記のような薬です。

 

  • バファリン
  • ケロリン
  • エキセドリン

 

痛風の痛み止めはすべての薬が適している訳ではありません。

 

なので市販薬であっても、薬剤師と相談し、慎重に購入・服用しましょう。

 

尿酸値を下げる市販薬

 

尿酸値を下げる薬は基本的に市販されていないようです。

 

なので痛風発作を発症した場合は、すぐに病院を受診し、適切な薬を処方してもらう事をお勧めします。

 

今回ご紹介した市販薬の痛み止めはその場しのぎにしかすぎません。

 

基本的に痛風と思ったらすぐに病院に行き、どうしても病院がやっていない休日や、通院できない時の応急処置としての場合のみ、市販の痛み止めを使う事をお勧めします。

 

またくれぐれも市販薬の注意事項は守り使用しましょう。

 

トップページ

 

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。


低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント