痛風と性別の関係性!痛風患者の男性と女性の比率とは

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風と性別

痛風と性別

痛風は一般的に女性に比べて、男性の方が発症しやすいと言われています。

果たしてその噂は本当なのでしょうか。

また痛風性別の関係性はあるのでしょうか。

今回は痛風と性別の関係性と、痛風患者の男女比率について検証していきたいと思います。

性別の関係性


痛風と性別は関係性があるのでしょうか?

確かに痛風を抱えている患者は、男性が多い傾向があるようです。

結論としては痛風患者数は、はっきりと男女差が発生しているのが現状です。

なので痛風と性別の関係性は存在するという事になります。

その性別の関係性として重要なのが女性ホルモンの存在です。

女性の体内にある女性ホルモンは、尿酸の排泄をスムーズにする働きがあると言われていいます。

男性と女性の尿酸値を比較すると、約1.5mg/dlくらいも女性の方が低い傾向にあるようです。

なので例えば同じ食生活や、同じアルコールの量を摂取していたとしても、元々の尿酸値の量が男性の方が多いので、女性より男性が痛風になりやすいという事が言えると思います。


痛風の男女比率

男性と女性

では男性が痛風になりやすいという、痛風と性別との関係性は分かりましたが、痛風患者の男女比率はどうなっているのでしょうか。

実は90パーセント以上の痛風患者が男性と言われています。

一部の調査では、約98%が男性だったという結果もあるほどです。

男性の痛風患者が50人いた場合、女性はたったの1〜2人程度という事になりますね。

それだけ圧倒的に痛風は男性に多い病気なのです。

女性は痛風にならない?


しかし女性は痛風にならないという訳ではありません。

上記でもご説明した通り、数パーセントではありますが女性の痛風患者も存在します。

なので女性が痛風にならないというよりは、女性が痛風になりにくいと言ったほうが適正かもしれません。

しかしストレスや何かしらの原因で女性ホルモンのバランスを崩したり、閉経後の女性ホルモンの減少で尿酸が排出されにくくなり、痛風のリスクが高まってしまう事があります。

また遺伝や体質などの影響で、女性でも尿酸が排出されにくい人もいると思います。

特に最近は過剰なストレスにより、ホルモンのバランスを崩した方の、女性の痛風患者も増えているとの情報もありました。

なのでもし女性でも痛風らしい症状が現れた場合は、すぐに病院での検査をお勧めします。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント