偽痛風と痛風の違いとは?症状で判断する方法と原因

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

偽痛風と痛風の違い

偽痛風とは

偽痛風という病気をご存じですか。

偽痛風とは痛風と同じような症状でありながら、高尿酸血症が見られない事から名付けられたと言われています。

ではこの偽痛風とはどんな病気なのでしょうか。

今回は偽痛風と痛風の違いについて検証していきます。

偽痛風とは


偽痛風とは、ピロリン酸カルシウムの結晶によって起こる関節炎です。

痛風は尿酸の結晶化が原因で起こる病気なので、痛風とは異なる訳ですね。

原因としては遺伝や、副甲状腺機能亢進症などが誘因となり発症すると言われています。

因みに副甲状腺機能亢進症とは、過剰に副甲状腺ホルモン(PTH)が分泌されることにより起こる代謝性疾患です。


痛風との違いは症状

痛風との違い

痛風と偽痛風は、とても酷似した症状の病気と言われています。

では痛風と偽痛風の症状の違いとはなんなのでしょうか。

実は少しですが、偽痛風に特徴的な症状が存在するようです。

痛風は足の親指に激痛が発生する事が多いですが、偽痛風は膝が多いとされています。

また痛風は男性患者が多いとされていますが、偽痛風には男女差はほとんど見られません。

痛みについては、偽痛風の方が少ないという情報もあります。

しかし痛みについては人によって感じ方も違うと思いますし、これに関しては痛風と偽痛風の比較対象にならないのではと思います。

偽痛風の判断

偽痛風の判断

痛風と偽痛風、原因は違いますが症状が似ているため、それを見分けたり判断するのは難しいと言われています。

しかし上記でも申し上げましたが、偽痛風にはいくつか特徴的な症状があります。

偽痛風で多いと言われる特徴をまとめてみました。

  • 男女差がない
  • 多くは膝に発症する
  • 60歳以上の方に多い
  • 痛風に比べて痛みが少ない(人による)

これらの一部、もしくはすべてがあてはまる場合は、痛風ではなく偽痛風の可能性もあるという事ですね。

60歳以上で膝に痛み、発赤、熱感などが発生した場合、一度偽痛風を疑ってみても良いかもしれません。

ただいずれも痛風にもみられる症状なので、やはり最終的な判断は病院で診察を受ける必要がありそうです。

診断は病院へ


痛風と偽痛風を見分けるのは、かなり難しいと思われます。

どちらも症状的に多い少ないはありますが、痛風でも偽痛風でも見られる症状です。

やはり特徴だけで断定するのは、治療法や薬も違うと思うので危険だと思います。

上記症状が発生した場合は、是非病院での診察をお勧めします。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント