尿酸値の急激な低下が引き起こす症状|適正値での管理が重要

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

尿酸値の急激な低下

尿酸値を下げる為に薬を服用している方も多いと思います。

高尿酸血症の方は、それぞれ症状にあった薬を処方されていると思いますが、実は急激な尿酸値の低下で痛風発作を発症してしまう場合もあるようです。

今回は尿酸値の低下で引き起こされる症状についてです。


引き起こす症状


それでは尿酸値の低下でどんな症状を引き起こしてしまうのでしょうか。

実は発作時に尿酸値を下げたり、また急激に尿酸値を下げてしまうと、痛風発作などを悪化させてしまうリスクがあるようです。

どういう事なのでしょうか。

具体的な尿酸値低下のリスクを下記にまとめました。

発作中の尿酸値の低下


痛風発作中に尿酸値を下げる薬を服用すると、痛みが悪化したり長引く恐れがあると言われています。

なので尿酸値を下げる薬は発作が完全に治まってから服用するのが無難です。

ただすでに尿酸値を下げる薬を服用中の人は、医師の診断にもよりますが、そのまま続けて服用する場合が多いようです。

この場合は痛み止めと一緒に飲む事になると思われます。

いずれにしても薬に関しては医師に相談し、用法・用量については、医師の指示のもと管理を行う事をお勧めします。

急激な尿酸値の低下


尿酸値の急激な低下は痛風に良くないとされています。

これは急激に体内の尿酸値を下げてしまうと、それをきっかけに痛風発作が発生してしまう恐れがあるからとの事です。

なので尿酸値を急激に低下させないようにしましょう。

しかし薬による尿酸値の低下具合は、個人では管理しようがありませんね。

この辺も薬を処方してくれる医師に相談するのがベストだと思います。

なので病院選びは非常に重要です。

痛風を得意とする専門の医師がいる、自分に適した病院を選ぶようにしましょう。

病院選びについては、こちらでご紹介しています。
痛風の診療科は何科

適正値での管理が重要


尿酸値が高ければ痛風のリスクは増す可能性が高いです。

しかし急激に下げては痛風を悪化させるリスクがあります。

なのでゆっくりと、そして常に尿酸値を適正な値にキープする事が必要になります。

因みに下記が尿酸値の適正値と言われています。

  • 男性 3.8〜7.5mg/dL
  • 女性 2.4〜5.8mg/dL

※上記は参考値です。

尿酸の適正値と上限と下限についてはこちらで詳しくご紹介しています。
尿酸値の上限と下限

リスクの低い尿酸値管理

尿酸値管理

上限値は別に設けられていて、普通の人の場合尿酸値の上限は7.0mg/dl以下と言われる場合が多いです。

しかしそれは尿酸が結晶化しにくくなる数値です。

痛風患者の場合は再発のリスクを考えると目標は6.0mg/dlが良いとされているようです。

その値を管理できれば痛風発作のリスクも更に低くする事ができるのではないでしょうか。

また目標値をキープできていれば、尿酸値を下げる必要もなくなります。

それに伴い急激な尿酸値の低下というリスクも減らせます。

やはり普段の食生活や痛風対策が重要になってくるという事ですね。

最後になりますが、尿酸は体には必要なものです。

下げる事ばかり意識し、下げすぎてしまうと別の症状やリスクを発生する事もありますので、やはり尿酸値は適正である事が重要です。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント