季節と痛風の関係|発作を発症しやすい季節はいつ?

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

季節と痛風の関係

季節

痛風季節の関係はあるのでしょうか。

実は痛風発作を起こしやすい季節が存在しているようです。

そんな痛風発作を起こしやすい季節とはいつなのでしょうか。

またなぜ痛風発作を起こしやすい季節が存在してしまうのでしょうか。

今回は痛風と季節の関係について検証します。

痛風の予防についてはこちらから
尿酸値を下げる6つの方法

発作を発症しやすい季節


ではどの季節が痛風発作を起こしやすいのでしょうか。

結論から申し上げると、夏が一番痛風発作を発症しやすい季節と言われているようです。

ではなぜ夏が一番痛風の発作を発症しやすいのでしょうか。

痛風が夏に起きやすい理由


痛風発作が夏に起きやすい理由についてです。

夏は気温が高く汗をかきやすい季節です。

体内の水分量は尿酸値と深く関係しています。

夏に普段より多くの汗をかくことによって、体内の水分が少なくなります。

結果、尿の量が減り、尿酸が体外へ排出されにくい状態となります。

その為夏という季節は、尿酸値が高くなる傾向があると言われています。

冬も油断はできない

冬の季節

これまで夏に痛風発作が多いとお伝えしてきましたが、かといっての季節が安心できると言う訳でもないようです。

冬の季節は寒さによる血行不良や、代謝の低下が原因で、尿酸を正常に排出しにくくなる事があるようです。

また寒さが原因で、尿酸の結晶を作りやすくなるとも言われていいます。

更に冬は外出を避けたり、運動不足になる傾向もあると思われますし、プリン体を多く含む魚介類が美味しい季節でもあります。

なので季節が冬だからと言って油断せずに対策は心がけましょう。

痛風の対策は季節に関係ない


では春と秋などの季節の変わり目はどうなのでしょうか。

実は秋もまだ残暑が残り汗をかく季節でもあり、さらに暑さが和らぎ食欲が増してくる季節でもあります。

春についても、冬の間に結晶化した尿酸が剥がれやすくなったり、熱中症対策している夏に比べ、水分が不足している可能性もあります。

なんでも春は夏の次に痛風の発症が多い季節と言われているとの情報もあります。

結局の所、痛風を発症しやすい季節が存在している事は事実ですが、季節に関係なく痛風発症のリスクはあります。

なので季節にとらわれるのではなく、一年を通して食生活など痛風対策をして、尿酸値を管理する事が大切なようですね。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント