7以下の尿酸値でも危険な訳とは?下げてはいけない場合も?

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

尿酸値は7以下でも危険

尿酸値が7以下でも危険な訳

痛風になる原因は尿酸値にあります。

ですから単純に尿酸値を「7」以下で管理すれば、痛風対策になると考える方も多いと思います。

確かに尿酸値の管理は非常に重要です。

しかし尿酸値を管理さえすれば痛風にならないという訳ではありません。

実際に私自身の痛風体験でも、尿酸値を7mg/dL以下で管理していたにも関わらず、痛風発作を発症してしまった経験があります。

ではなぜ尿酸値を7以下にしていても、痛風発作のリスクがあるのでしょうか。

今回はそんな尿酸基準値の「7」と、尿酸値が7以下でも危険な訳について考えていきたいと思います。

尿酸値7以下の根拠

7の根拠

まず尿酸基準値の根拠についてです。

なぜ尿酸値の上限は、7mg/dL以下といわれているのでしょうか。

この数値の根拠は、血漿中の尿酸の溶解度を基準にしたものです。

痛風発作は、尿酸塩の結晶が関節に残ってそれが原因となり発症します。

尿酸の基準値が7mg/dL以下であれば、血漿中の尿酸の溶解度が高く結晶になりにくいのです。

なので尿酸の基準値は7mg/dLという基準が設けられています。

もちろん尿酸値は下限も設定されているので、常に適正値をキープする必要があります。


7以下のリスク


しかし上記の尿酸基準値7mg/dLと言うのは、痛風にならない為の予防を目的とした数字です。

という事は、これまですでに痛風発作を経験している人や、尿酸値が高めの人は、すでに尿酸塩の結晶が関節に残っている可能性があります。

なので特に痛風経験者は、尿酸値を7mg/dL以下にしたからと言って、痛風発作のリスクは抱えている事になってしまいます。


尿酸値を下げてはいけない場合

尿酸値の管理

実は尿酸値を下げてはいけない場合があります。

それが痛風発作時です。

痛風発作時で関節の痛みを伴っている場合、尿酸値を下げてしまうと痛風の痛みを悪化させる場合があるようです。

なので痛風発作時には、尿酸値を下げる薬は飲まないのが一般的なようです。

ただしすでに尿酸値を下げる薬を服用している場合は、そのまま投薬を続ける場合が多いようです。

薬の用法については、医師や薬剤師の指示に従い服用しましょう。

尿酸基準値の管理


一般的に言われている尿酸基準値は、あくまでも管理する為の基準値です。

上記で説明したように、時と場合で下げてはいけないケースありますし、尿酸基準値7mg/dL以下だからといって安心や油断はできません。

しかし尿酸基準値を適正値にする事で、痛風発症のリスクを抑えられるのは事実です。

普段から尿酸適正値の7以下をキープで、痛風対策を心がけましょう。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント