痛風の症状とは|発作の起きやすい場所と痛みの期間

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風の症状

痛風症状についてです。

 

痛風の症状は足の親指が痛くなると聞きますが、はたして本当なのでしょうか。

 

今回は痛風初期症状と痛みの発生場所について、詳しく説明していきたいと思います。

 

まず初期症状については、人によって様々です。

 

例えばなんとなく足などの関節に違和感を感じる症状の人もいます。

 

また痛みはそれほどなく、足の親指の関節が軽く腫れただけで終わる人もいます。

 

痛風の初期症状

 

上記の初期症状を感じる人もいれば、初期症状がなく突然激痛に襲われる人もいます。

 

因みに私が経験した発作の症状は、就寝中突然足首の激痛に襲われ、本当に激痛で何もしなくても歩けないほどの痛さという症状でした。

 

そして発作が起きる場所についてですが、その症状も人により違いがありそうです。

 


痛風発作の起きやすい場所

発作の起きやすい場所は、足の親指が一番発症しやすいと言われています。

 

確かに発作の7割がこの足の親指で起こる症状と言われているようです。

 

しかしここで誤解してほしくないのは、残りの3割は他の場所で発作が起こるという事です。

 

なので足の親指以外の症状でも痛風を疑うべき時があるという事です。

 

では具体的に親指以外では、どの場所で発作がおきやすいのでしょうか。

 

それが下記の場所になります。

 

  • 足首
  • 足のかかと
  • 足の甲
  • くるぶし
  • 足の親指以外の関節
  • ひざ
  • アキレス腱

 

このように発作が起こる場所は、ひざより下で発作全体の9割を占めているのが現状です。

 

また他にも残りの1割ではありますが、ひじ、手首や指の関節でも、発作の症状を発症する事があるようです。

 

腫れと発熱

 

発作を発症すると、その症状は激痛だけの場合もありますが、だいたいは患部が赤く腫れあがります。

 

それは関節が炎症を起こしている為です。

 

炎症を起こしていますので、人によっては発熱を伴う症状もあります。

 

痛みが続く期間

 

発作の痛みのピークは1日ぐらいで、その後痛みが数日続くと言われています。

 

しかし私の経験上では、痛みのピークが数日続き、その後2週間ぐらいは痛みがとれない症状でした。

 

恐らく痛みの期間も人それぞれなのでしょう。

 

とにかく痛風発作になれば、その痛さと数日間はつきあわなければならない事になります。

 

トップページ

 

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。


低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント