痛風は遺伝するのか?対策や改善方法とリスクの大きさ

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風は遺伝するのか

遺伝

痛風は生活習慣が原因で発症する病気と言われています。

例えば、アルコールを摂取しすぎたり、プリン体の多い食事やカロリーの高い食事が原因で、尿酸値が高くなり痛風を発症するケースが多いとされています。

ですがその生活習慣とは別に、遺伝的な要因も痛風の原因として報告されているようです。

ではなぜ遺伝が原因で痛風になってしまうのでしょうか?

もし遺伝が原因だとして、対策や改善の方法はあるのでしょうか。

今回は痛風と遺伝の関係について検証します。

リスクが2倍に


痛風と遺伝について、英国のノッティンガム大学のチャン・フー・クオ氏が、台湾で痛風に関する調査を行った事があるようです。

その調査によると、親や兄弟、子供などの第1度近親者に痛風患者がいる場合、痛風のリスクはなんと2倍にもなるとの事です。

また、第2度近親者に痛風患者がいる場合にも、男性で1.27倍、女性で1.40倍にもなるという調査結果もあるようです。

親子で生活が似る?

親子の食事

上記では遺伝の調査という根拠の上でのお話しですが、その他にも原因は考えられるようです。

例えば親子であれば、食生活や好きな食べ物が似ている場合もあると思います。

同じような環境で、乱れた食生活や高カロリーな食事をしていれば、親子で痛風や高尿酸血症を引き起こすリスクは高くなると考えられます。

この原因からも、痛風は遺伝する傾向があると言われる理由の一つかもしれません。

親族に痛風患者がいて、自分自身も尿酸値が高めの方は、遺伝だからしょうがないとは思わすに、一度食生活の見直しなどを行って痛風対策をする事をお勧めします。

痛風対策


今回は痛風と遺伝との関係について検証してみましたが、遺伝が原因で痛風や高尿酸血症になりやすい体質だとしても、やはり痛風の対策や改善予防をする為には、食生活を見直すしかないと思います。

もちろん尿酸値が異常に高い場合や、食生活の見直しをしても改善されない場合は、投薬による治療も必要だとは思いますが、いずれにしても食生活の見直しは必要になってくると思われます。

もしも親族に痛風患者がいる場合は、遺伝による痛風のリスクも考慮し、人よりアルコールの摂取を減らしたり、低プリン体・低カロリーの食事を意識するなどし、痛風の対策に気を配る事をお勧めします。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント