痛風は肥満が原因|高カロリーな食事で尿酸値が悪化する訳

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

肥満と痛風の関係

肥満

痛風対策にはまず原因を知る事が不可欠です。

その痛風の原因の一つとして肥満という話をよく聞きます。

なぜ肥満で痛風になるのでしょうか。

肥満が尿酸値に直結してしまう事はあるのでしょうか。

今回は痛風の原因で重要視されている、肥満について焦点をあてていきたいと思います。

肥満が原因

肥満の原因

よく痛風は肥満が原因と言われます。

しかし肥満自体が痛風や尿酸値を上げる原因になる訳ではありません。

実は肥満が直接的な原因ではなく、肥満になる生活習慣そのものに、痛風になる原因があるとされています。

肥満傾向の人に尿酸値が高い傾向があるのは事実です。

肥満=原因ではないが、肥満には高尿酸血症になるリスクが多く存在するという事です。

汗の量


ではなぜ肥満傾向の人に痛風患者が多いのでしょうか。

たとえば肥満の体質を例としてあげます。

肥満傾向の方は汗をかきやすい傾向があります。

尿酸は尿から排出されます。

汗からは排出されません。

結果汗をかきやすい人は、かいた汗の量で体内の水分が減り、それに伴い尿の量も減るので、結果的に高尿酸血症のリスクが高くなるといえます。

なので急激な運動も痛風には良くないとされているという事ですね。

高カロリーな食事

高カロリーな食事

高カロリーな食事は肥満の原因になります。

尿酸値が高くなる原因の一つに、尿の酸性化というものがあります。

それは尿が酸性に傾くほど尿酸を排泄しにくくなるという現象です。

尿が酸性になるかアルカリ性になるかは、摂取する食べ物によって変化すると言われています。

実は尿を酸性にする食品は比較的高カロリーな食品が多いです。

なので肥満傾向の人は高カロリーな食事を続ける上で、知らないうちに尿を酸性化する食品を摂取している事になります。

そして結果的に尿酸を排泄しにくい体質になり、高尿酸血症のリスクが増えてしまうという事です。

尿のアルカリ性、酸性については下記で詳細について説明しています。
尿の酸化とアルカリ化食品

成人病や生活習慣病の原因


この他にも肥満である事で、痛風や高尿酸血症に繋がる原因は多々存在します。

そして肥満は痛風を発症するだけではありません。

成人病や生活習慣病に繋がる恐れもあります。

なので肥満体質の方は、それを解消する事をお勧めします。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント