痛風の合併症の種類や症状|怖い病気のリスクはあるのか?

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風の合併症

痛風の合併症

痛風は高尿酸血症が原因で関節炎を起こす疾患です。

尿酸値が高い状態が続く事で、関節の中にたまった尿酸の結晶が起因となり、関節に激痛を引き起こす病気と言われています。

そんな痛風ですが実は懸念するのは関節の激痛だけではありません。

痛風には合併症が存在するのです。

実は痛風は、その合併症が一番怖いなんて事もよく言われています。

そこで今回はどんな種類の痛風合併症が存在するのか、また合併症になるとどんな症状を引き起こすのか、痛風合併症の種類や、改善対策方法などについて検証していきたいと思います。

痛風の合併症とは


痛風の合併症とは痛風になった事が原因で、もしくは尿酸値が高い状態を放置する事で、痛風発作とは別の症状や病気を引き起こしてしまう事です。

ではそんな痛風の合併症にはどんな種類があるのでしょうか。

合併症の種類と症状

合併症の種類

まず痛風で尿酸値が高い状況である事で、体内では様々な変化が起きます。

そしてその尿酸の結晶が体内のどの部分に溜まるかで、合併症の種類や症状が変わってきます。

例えば皮下組織などに溜まると痛風結節、尿路に溜まると尿路結石、腎臓に溜まると痛風腎と、合併症は結晶の場所によって変わってくるのです。

ではそれそれの症状について詳しく説明していきたいと思います。

痛風結節


痛風結節は痛風による合併症の一つで、関節の周りや皮膚の下に結節ができるものです。

症状としては、痛みはなく皮下組織などにコブのようなものができます。

痛風結節は、痛風や高尿酸血症全ての人がなる訳ではないのですが、痛風患者の一部の方に、この「痛風結節」の症状が見られます。

主に痛風や高尿酸血症の状態を、長い時間放置する事が原因で発症すると言われています。

痛風結節は血清尿酸値を改善する事で、徐々に解消されていくようです。

尿路結石

尿路結石

尿路結石はご存じの方も多いと思いますが、尿の通り道の尿管に結石が出来る病気です。

激痛が伴う病気として有名ですが、結石ができる場所によっては痛みがほとんどない場合もあります。

尿路結石も痛風による合併症の一つで、尿酸値が高い場合に発症すると言われています。

痛風や高尿酸血症の方は要注意の病気です。

痛風腎


痛風腎も痛風による合併症の一つで、体内に溜まった尿酸結晶が腎臓に沈着すると痛風腎となります。

痛風腎を発症すると、慢性間質性腎炎や慢性腎不全の原因になります。

慢性腎不全になってしまった場合はは、それが末期となれば慢性透析療法が必要になる可能性もあるので、非常に注意が必要な病気の一つです。

怖い病気のリスク

合併症のリスク

上記で紹介した合併症の他にも、痛風患者や高尿酸血症の人ほどリスクが高くなる病気があります。

直接尿酸値の関係が断定できる訳ではありませんが、リスクが高くなると分かっている以上、痛風の合併症と言っても良いのではないでしょうか。

それが下記の病気です。

  • 心血管障害
  • 脳血管障害

非常に怖い病気ですが、近年の研究で痛風患者ほどリスクが高くなると言われているようです。

生活習慣の改善で対策を


痛風の改善や対策では、生活習慣や食生活を見直す事が非常に重要と言われています。

痛風によって引き起こされる合併症にも同じ事が言えると思います。

もちろん合併症のような症状があった場合は、真っ先に病院での診察をお勧めします。

しかし痛風の合併症でなくても、生活習慣や食生活が乱れていれば様々な病気を引き起こします。

最悪は心血管障害や脳血管障害を発症させてしまうリスクまで上げてしまいます。

今一度自分自身の生活習慣を見直し、痛風の合併症だけでなく、生活習慣病を引き起こさないように対策して、生活する事が重要だと感じます。

トップページ

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。


トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント