痛風発作時の湿布の選び方!冷湿布と温湿布どちらが良い?

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

痛風発作時の湿布の選び方

痛風発作時の湿布の選び方についてです。

痛風発作を発症すると、その症状として患部の腫れや痛みに襲われます。

その際痛みを緩和する方法として、湿布を考える方も多いと思うのですが、その場合冷湿布と温湿布どちらを選べば良いのでしょうか?

また、湿布にはどのぐらいの効果があるのでしょうか。

今回は湿布の選び方や、湿布の効果について検証したいと思います。

冷湿布と温湿布


湿布には冷湿布と温湿布が存在します。

もし痛風発作を発症した場合、冷湿布と温湿布どちらを選べば良いのでしょうか?

痛風を発症した場合、一般的には冷湿布を使用するようです。

その理由としては、温湿布は血流を良くする働きがある為、痛風のように炎症を起こしている場合は、逆効果になるという事のようです。

なので痛風の場合は、冷湿布なんですね。

もし痛風に似た症状を発症した場合は、自己判断で湿布を使用せずに、必ず医師や薬剤師に処方してもらう事を強くお勧めします。
病状により処置や、使用する湿布が異なる場合も想定されます。

湿布の効果

湿布の効果についてですが、どのぐらいあるものなのでしょうか。

これは私の体験からの感想になるのですが、湿布は気休め程度な感じがしました。

湿布よりもやはり、服用する痛み止めのロキソニン等の方が効果が実感できました。

ただ痛みが引いてきた頃、そして歩くのには少し抵抗がある時期に湿布は重宝しました。

しかしこれは私個人の感覚になりますので、人により効果の感じ方は異なると思います。

また、効果が期待されているからこそ、病院では湿布を処方してくれると思うので、そこはある程度の効果は期待しても良いのではと感じます。

使用に注意し痛風対策を


湿布は痛みの緩和など、痛風の発作時の対策として重宝すると思います。

しかし上記でも説明しましたが、湿布には冷湿布と温湿布があります。

使用する湿布は、それぞれ病状や症状により異なります。

また副作用として肌への影響や、使用上の注意などもあります。

なので湿布だからと軽視せずに、使用する際は慎重に、医師や薬剤師に注意事項を確認した上で、用法を守り使用するようにしましょう。

記事内の情報は、私自身の痛風体験談や公開されている情報から、私が実践した改善対策や、解決策などをまとめています。
痛風の判断や症状の確認、また対策の実施などは、必ず医師や薬剤師に相談の上、実施する事を強くお勧めします。

低価格の遺伝子検査キット

痩せる為に遺伝的や体質を知りたい方へ・・・。

自分は太りやすい体質なの?
痩せる為に遺伝的体質を知る遺伝子検査キットです。

関連ページ

痛風と年代の関係
痛風になりやすい年代とは?20代と30代が急増している訳とは?痛風と年代の関係について検証。
痛風の再発率はどれぐらい
痛風の再発率はどれぐらい?約8割が再発を経験するって本当?痛風発作を繰り返してしまう理由とは?今回は発作を放置してはいけない理由など含め、痛風の再発率についてご紹介しています。
痛風になる確率
痛風になる確率はどれぐらい?発作のリスクは尿酸値で変わる?意外と低い痛風発作確率の注意点とは?今回は痛風の確率とリスク管理について検証します。
糖尿病と痛風の関係性
糖尿病と痛風に関係性はあるのでしょうか?そもそも糖尿病と耐糖能異常ってどんな病気?痛風患者の内、糖尿病を発症する確率とは?生活習慣の改善で対策できる?今回は糖尿病と痛風についてご紹介。
高血圧と痛風の関係
痛風患者に高血圧の人が多い理由とは?そもそも高血圧の定義とは?2つの病気には深い関係があるって本当?痛風患者の2人に1人が高血圧な訳とは?今回は高血圧と痛風の関係についてご紹介します。
塩分が痛風と尿酸値へ与える影響
塩分を取りすぎると痛風は悪化するのか?塩分が痛風や尿酸値へ与える影響は高血圧が原因?塩分を取りすぎるとどうなる?塩分が体へ与える影響と塩分と痛風の関係について検証。
痛風対策に休肝日は必要なのか
痛風対策に休肝日は必要なのでしょうか?理想的な休肝日の設定とは?休肝日の重要性とメリットは?飲酒にはメリットもある?今回は痛風と休肝日の関係についてご紹介します。
痛風発作の起きやすい時間帯
痛風発作の起きやすい時間帯は?そもそも発作の起きやすい時間は存在する?就寝中の夜と朝方が起きやすいのはなぜ?痛風発作が就寝中に起きる理由など、痛風の起きやすい時間帯について検証。
足の親指に痛風発作が多い理由
足の親指に痛風発作が多い理由とは?痛風発作の発症しやすい部位の条件は?関節意外にも注意は必要?今回は発作が起きやすい場所などの条件と痛風が起きやすい部位について検証します。
手に痛風発作は起こるのか
痛風は手に起こるのでしょうか?手の痛風の症状と原因は?手の痛風発症率はどれぐらい?手の痛みが発生した場合痛風の可能性はあるのか、他の病気の可能性も含め検証します。
痛風は天才病?IQとの関係は
痛風は天才病なのでしょうか?IQと尿酸値の関係は?痛風は社長や偉人、歴史上の人物に多いって本当?今回は痛風患者に天才は多いのか、その信憑性について検証します。
痛風発作時のお風呂はダメ?
痛風発作時のお風呂はダメ?その理由と入浴のリスクは?どうしても入浴がしたい場合の方法とは?また痛風発作時にしてはいけない事とは?痛風とお風呂に関する疑問点について検証します。
肉に含まれるプリン体
肉に含まれるプリン体についてです。牛肉、豚肉、鶏肉にはどれだけのプリン体が含まれているのでしょうか?また肉を摂取する事で、痛風への影響はどのぐらいあるのか?今回は肉のプリン体含有量比較や、肉の健康効果についてご紹介します。
鶏のササミと胸肉
鶏のササミや胸肉は痛風や尿酸値へどんな影響を与えるのでしょうか?ササミや胸肉はプリン体が多い食品?ササミや胸肉の効果や体に及ぼす影響をご紹介します。
乳酸菌の効果
乳酸菌は尿酸値の改善や、痛風に効果があるのでしょうか?乳酸菌PA−3株とは?プリン体と戦うヨーグルトってどんな商品?PA−3株の調査データとは?今回は乳酸菌PA−3の痛風への効果について検証します。
チーズの効果とプリン体
チーズは痛風に効果があるのでしょうか?チーズのプリン体含有量はどれぐらい?尿酸値を低下させる効果はあるのか?栄養素や健康面での効果も併せて検証します。
牛乳は尿酸値を下げるのか
牛乳は痛風に良いのか?尿酸値を下げる効果は?牛乳と低脂肪乳ではどちらがより効果があるのか、牛乳のプリン体や痛風との関係を検証します。
クエン酸と痛風との関係
クエン酸は痛風に効果があるのでしょうか?また酢やレモンは尿酸値を下げるのでしょうか?そもそもクエン酸って何?そしてクエン酸にはどんな効果が期待できる?今回はクエン酸と痛風との関係を検証します。
トマトは痛風に良いのか
トマトは痛風に良いのか悪いのか?トマトには矛盾する2つの情報が!トマトが尿酸値を上げてしまう原因?トマトは痛風に良い食品である理由は?今回はトマトと痛風の関係についてご紹介します。
エビのプリン体は本当に多いのか
痛風とエビの関係を検証します。エビのプリン体は本当に多いのか?エビに含まれるプリン体の含有量とは?エビはなぜ痛風に悪いのか?エビの効果と痛風への影響を考えます。
牡蠣に含まれるプリン体
牡蠣に含まれるプリン体含有量はどのぐらい?牡蠣の栄養と効果は?牡蠣にはどれぐらいの痛風のリスクがあるのか?牡蠣と痛風の関係についてご紹介します。
ご飯のプリン体含有量は
ご飯やパンのプリン体含有量はどれぐらいなのでしょうか?また、痛風への影響はどれぐらい?炭水化物のメリットやデメリットと、痛風とご飯など炭水化物の関係ついてご紹介しています。
海藻類が痛風に良い訳
海藻類が痛風に良い訳とは?アルカリ性食品が尿酸値を下げる?海藻類のメリットと効果とは?今回は痛風と尿酸値と海藻類の関係についてご紹介しています。
お刺身は痛風にダメなの
お刺身は痛風にダメなのでしょうか?お刺身のプリン体含有量を魚の種類別に紹介。また注意点やメリット・デメリットも紹介します。
野菜は痛風に良い食材か
野菜は健康に良い食材です。そんな野菜に含まれている事が多いビタミンCにはどんな効果があるのか、また尿酸値への影響を検証。
痛風に豆腐は良いのか
痛風に豆腐は良いか?それとも悪い影響があるか?プリン体の含有量は?大豆製品の豆腐に焦点をあて検証します。
麦茶は痛風対策になるのか
麦茶は痛風対策になるのか?適切な水分量とは?麦茶の効果とメリットとデメリットについて検証します。
痛風とワインと尿酸値
痛風や高尿酸血症にワインは大丈夫なのか?尿酸値を下げる効果はあるのは本当?痛風とワインと尿酸値の関係を検証。
焼酎なら飲んでも良いのか
焼酎なら痛風患者でも飲んで良いのか?蒸留酒、醸造酒を含むアルコールが、痛風患者へ与える影響を検証。
痛風経験のある芸能人
痛風経験のある芸能人は誰?やはり男性が多いのか?芸能人や有名人で発作経験がある方々をまとめてご紹介します。
痛風の歴史と食文化
痛風は古くから存在する病気?悩まされた意外な歴史上の人物とは?痛風の歴史と食文化の関係について検証。
痛風と言う名前の由来
痛風はなぜ痛風というのか?実は風が吹いても痛いではない?痛風と言う名前の語源と由来について検証します。
痛風はなぜ贅沢病
痛風はなぜ贅沢病と言われるのか?その由縁と原因は?現代ではすでに痛風贅沢病ではない?誤解なのか真実を検証。

トップページ 痛風の症状 尿酸値の下げ方 痛風体験談 よくある疑問 サプリメント